Author Archives: jt12030224

クリスマスの惨事

クリスマスですね~。
我が家で嬉しいのは娘だけでしょう。
サンタさん宛にお手紙を書いて、プレゼントもらうのが楽しみでしょうがない様子です。
しかも!お母さんにはこれお願いねぇ~って…。まだサンタさんを信じてる娘にはプレゼントを二つ用意しなくちゃいけないんですよね。
ボーナスがない上に給料日前のクリスマス…。結構辛いです。
「サンタさんも予算あるから高いものは無理かもよ~」
と諭してみても
「サンタさんは大丈夫なんだよ~」
と…。

こうやって考えてみると、
自分自身も子供時代、なんにも考えずお願いしてたよなぁと思い出し、
親に感謝しちゃいますね。

自分自身がそうやってしてもらった分、娘にもサンタさんを信じているうちは夢を見させてあげたいなと思いつつも、資金繰りも大変なのも事実でして…もうすでにサンタさんを信じてない上の子二人には我慢をしいる結果になります。

上の子たちの時は小さい時には、祖母からのプレゼントなどもあり、たくさんもらったからね。娘が生まれた時には、もう祖父母と呼べる存在がなく、親からとサンタさんからのプレゼントしかないから、その分頑張らないと!と思っちゃいます。幸い、上の子たちが理解してくれているのでありがたいです。

サンタさんも親も大変ですね。

主婦がお金を借りるには

先日、襟元のファーがふわふわで暖かな、黒のロングコートを買ったのですが、これに合うようなバッグがなかったので、ついでに購入しようと、デパート内をあちこちまわっていたところ、ひとつだけ良いものを見つけることが出来ました。
ですが値段を見ると、とてもその場で購入できそうな額ではなく、諦めてそのまま帰ろうかと思ったのですが、どうにも諦めきれずに悩んだ結果、カードローンを利用して購入することにしました。
これまでカードローンを利用したことがなかったので、ちょっと不安なところもありましたが、いざやってみると案外簡単で、借りるのも返すのもスムーズに出来たので、なんで今まで利用しなかったんだろうと思ったほどでした。
もちろん借り過ぎは良くないですが、たまにお金が足りないときに、返せる範囲で利用したら、欲しいものを諦めずに済むので嬉しい限りですね。
主婦のカードローンを扱う金融機関は多いですが、低金利の業者を選ぶと返済もきつくないのでおすすめです。

20代事務職OLです。
副業で小物を作って売っています。
作品を知り合いのセレクトショップに置かせてもらっています。
手数料として売り上げの3割を店に払って、材料費を差し引くと手元にはあまり残りません。
思い切って起業を考えています。
ネットショップなら店舗も要らない分、自分で出来そうな気がするからです。
とはいえ商品の配送も自分でしなくてはいけないし、最初は自己資金だけでは足りないかもしれません。
ネットショップのノウハウ本はたくさん出回っていますが、資金繰りがよく分かりません。
銀行の融資コーナーで相談してみようかと思っていたところへ、銀行のフリーローン・カードローンという文句が目に付きました。
お金を借りたいときは普段使っているキャッシュカードではなくて、借入れ専用のカードを使ってATMから引き出せばいいそうです。
好きなときに借りられて、そのつど使用目的を申告しなくても借りられるところも便利だと思いました。
お給料の振込銀行だったので簡単にカードを作ることができました。
夢に一歩近づいたと思うと嬉しいです。
>>アコムでお金を借りる~自営業者のビジネスローン、無人契約機、限度額など

キャッシングやカードローンは小額の借入を行う場合はとても便利な存在です。
でも、その便利さゆえについ使い過ぎてしまったり、収入が減るなどもあって、つい新たに借入を増やしてしまいました。
このままでは、さすがにいけないと思い、まず借金について改めて見直すことにしました。
複数からの借り入れだったので、毎月、支払いの期日も違いますし、それぞれ利息を支払わなくてはいけず、かなり精神的にも負担となりました。
債務整理も検討したのですが、でも、まだ返済できる能力は残っていますし、債務整理にもデメリットはあるので、まずは借金をひとつにまとめることにしました。
おまとめローンで借金をひとつにしたおかげで、多重債務という状態からは解放されましたし、そして借金の額が減ったわけではありませんが、毎月支払う利息は少なくなりましたので、支払いも少し楽に行えるようになりました。
なんといっても一社からの借り入れだと管理がしやすいのが良いです。
返済が完了したら、今度は多重債務にならないよう、しっかり計画して利用したいと思っています。
しかし、またまた消費者金融へ申込をする私でありました。

アコムのカードローンは使用使途自由

使用使途自由としていても制限があることのあるカードローンですが、アコムの場合は全く制限がありません。FXや株式取引をするためにお金を借りるのも大丈夫です。事業性資金としての利用も全く問題がなく、アコムのサイトにもそのような記載はありません。ただしビジネス用のローンを別に用意していますので、そちらを利用したほうがたくさん借りられる可能性は高くなります。ビジネスローンの場合は、一般のカードの申し込みに必要な書類の他に、事業を証明できるような書類が必要になります。取引先からの請求書、納品書、発注書など、公式に記録できるものが必要ですので、もし取引先とのやりとりが全てメールベースだった場合は書類を用意するのが難しくなります。デジタルな書類としても、PDFや画像ファイルなど正式な形式で書かれたものであれば、審査に通ることができます。ビジネスローンの場合最低金利がそこまで低くないので、利用する場合はメリットとデメリットを考えなくてはなりません。

おまとめローンよりも先に過払い金を取り戻す

おまとめローンを活用する前には、注意しておきたいことがあります。もし過払い金があれば、おまとめローンの利用よりも先に過払い請求を行った方が良いです。なぜなら、過払い金を取り戻せるまでの間、取り戻せるであろう過払い金の利息も負担しなければいけないからです。
例えば、50万円を3箇所から借りていた場合の債務の総額は150万円となります。もし3社合計して50万円の過払い金があった場合は、債務を100万円まで抑えることが可能です。もし先におまとめローンを利用しますと、過払い請求の交渉が合意に達するまでの間、150万円に対する利息を支払い続けなければいけません。

信用金庫のカードローンとは

総量規制とローンの関係

消費者金融と銀行では管轄している法律が違うため、同じお金を借りるためのローンでも、規制されている部分とそうでない部分があります。消費者金融は貸金業法の管理下にあります。消費者金融は総量規制で、年収の3分の1以上の貸出をすることができません。これを破ってしまうと行政処分になってしまいますので、消費者金融では50万円以上の枠になる場合は収入証明の提出が必要になってきます。銀行が提供しているカードローンは銀行法の管理下にあるため、特に貸出の上限に規制はありません。それでは信用金庫はどうなのでしょうか。信用金庫も貸金業ではないため、総量規制の対象とはなっていません。消費者金融でも、ビジネス向けのローンの場合は規制の対象外となっています。借りられる限度額によって審査も違ってきますので、ローンの選び方は大切です。

楽天銀行カードローンに落とされた原因

足を骨折したのでしばらく働くことができませんでした。
アルバイトで生計をたてていたので保証がなく、収入が無くなり生活がとても苦しくなってしまいました。
誰かにお金を借りようかとも思いましたが、人に迷惑をかけるのはイヤだったので、誰にも迷惑をかけずにお金を借りれるカードローン即日に申し込むことにしました。
金融機関をどこにするか迷いましたが、消費者金融は金利が高く返済が大変そうなので、金利の低い銀行に申し込むことにしました。
楽天銀行を選んだのは、アルバイトやパートでも申し込めると聞いたからです。
申し込みはインターネットからおこなったので、とても手続きが簡単でした。
今までに他社からの借り入れはなく、クレジットカードなどの返済遅延も一度もなかったので、審査に通る自信はあったのですが、結果は落とされてしまいました。
審査に落とされた原因をいくつか考えたんですが、やはりアルバイトなので年収が少なく返済能力が低いと思われたからでしょう。
他にも希望限度額を少し高めに申請したのが良くなかったと反省しています。
一度カードローンの審査に落ちると、信用情報機関に履歴が残るので、しばらく間隔をあけてから再び申し込むつもりです。