Monthly Archives: 1月 2016

信用金庫のカードローンとは

総量規制とローンの関係

消費者金融と銀行では管轄している法律が違うため、同じお金を借りるためのローンでも、規制されている部分とそうでない部分があります。消費者金融は貸金業法の管理下にあります。消費者金融は総量規制で、年収の3分の1以上の貸出をすることができません。これを破ってしまうと行政処分になってしまいますので、消費者金融では50万円以上の枠になる場合は収入証明の提出が必要になってきます。銀行が提供しているカードローンは銀行法の管理下にあるため、特に貸出の上限に規制はありません。それでは信用金庫はどうなのでしょうか。信用金庫も貸金業ではないため、総量規制の対象とはなっていません。消費者金融でも、ビジネス向けのローンの場合は規制の対象外となっています。借りられる限度額によって審査も違ってきますので、ローンの選び方は大切です。

楽天銀行カードローンに落とされた原因

足を骨折したのでしばらく働くことができませんでした。
アルバイトで生計をたてていたので保証がなく、収入が無くなり生活がとても苦しくなってしまいました。
誰かにお金を借りようかとも思いましたが、人に迷惑をかけるのはイヤだったので、誰にも迷惑をかけずにお金を借りれるカードローン即日に申し込むことにしました。
金融機関をどこにするか迷いましたが、消費者金融は金利が高く返済が大変そうなので、金利の低い銀行に申し込むことにしました。
楽天銀行を選んだのは、アルバイトやパートでも申し込めると聞いたからです。
申し込みはインターネットからおこなったので、とても手続きが簡単でした。
今までに他社からの借り入れはなく、クレジットカードなどの返済遅延も一度もなかったので、審査に通る自信はあったのですが、結果は落とされてしまいました。
審査に落とされた原因をいくつか考えたんですが、やはりアルバイトなので年収が少なく返済能力が低いと思われたからでしょう。
他にも希望限度額を少し高めに申請したのが良くなかったと反省しています。
一度カードローンの審査に落ちると、信用情報機関に履歴が残るので、しばらく間隔をあけてから再び申し込むつもりです。